« 現実味を帯びてきた | トップページ | 毎週土日は田んぼと畑 »

一日伸ばしは時の盗人である

きょうの日めくりカレンダーから

(上田敏 1874~1916 明治時代の翻訳家)

上田敏
うえだ びん
上 田 敏は、文学者、評論家、啓蒙家、翻訳家。多くの外国語に通じて名訳を残した。号で、「上田柳村」とも呼ばれる。「山のあなたの空遠く 『幸』住むと人の言ふ」や、「秋の日の ヴィオロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し」などの訳詞は、今なお、広く知られている。 ウィキペディア

3月に親父が心不全で緊急入院して以来、土日のバレエ&ジャズダンスは行ってないし平日のクラスも月に1~2回になってしまい、そろそろ退会しようと思いつつ、たった一人に未練があって辞められないのだが・・・

明日出来る事は今日やるな」式で生きてきた私なので、なかなか染み入る格言である。

ただ3月に梨畑を解体してから、土日・連休はすべて・・ほんとに朝から晩まで畑のかたづけと田んぼに独りで集中して作業やってたから、少なくとも休みの日に限って言えば、一日伸ばしではない。

いま田んぼのほうも一枚だけ残した所の苗もまあまあ育っている。

これから秋までずっと草刈り、薬掛け等のメンテは続くが、雨の土日の場合は少しは出来るかも・・・今月はダメかな

|

« 現実味を帯びてきた | トップページ | 毎週土日は田んぼと畑 »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一日伸ばしは時の盗人である:

« 現実味を帯びてきた | トップページ | 毎週土日は田んぼと畑 »