« チンチロリン | トップページ | チョン・ユンフェ »

チョン・ユンフェ

韓国、批判的報道に圧力? 異例のマスコミ捜査 産経支局長コラム 産経新聞ソウル支局長が同新聞のサイトに掲載したコラムが、朴槿恵大統領の名誉を棄損したとして、ソウル中央地検が捜査に乗り出している。支局長は2014年8月18日に出頭する。大統領に関する報道を巡り、報道機関が捜査対象になるのは極めて異例で韓国国内でも注目されている。 ◇朴大統領の話題 問題となっているのは、「MSN産経ニュース」に2014年8月3日に掲載された加藤達也支局長の 「【追跡~ソウル発】朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?」

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140803/kor14080312000001-n1.htm と題したコラムだ。朴大統領が2014年4月16日のセウォル号事故当日、約7時間にわたって所在が確認されていなかったことを巡る話題を伝えている。 大統領の側近が朴大統領の当日の所在について「知らない」と言葉を濁す国会答弁や、韓国最大手紙の朝鮮日報が2014年7月18日に「大統領をめぐるウワサ」と題したコラムを掲載したことを紹介。 朝鮮日報のコラムは「『大統領はあの日、ある場所で誰かと密会していた』という噂が流れた」とし、噂に登場した人物も実名で報じた。加藤達也支局長はさらに「証券界の関係筋」の話として、その噂は「朴大統領と男性の関係に関するもの」と踏み込んで説明した。 噂に登場した人物の実名 ①チョン・ユンフェ氏(①の妻=チェ・テミンという牧師の娘) ②チェ・テミン牧師(②=チョン・ユンフェ氏の妻の父) ◇反発 韓国大統領府は2014年8月7日、「口にするのも恥ずかしい」と記事内容を否定するとともに、民事と刑事の両面で産経の責任を追及する方針を明らかにした。 聯合ニュースによると、大統領府関係者は2014年8月8日、セ号事故当日、朴大統領は終日大統領府にいたことを明らかにした。 ソウル中央地検は2014年8月8日、市民団体の告発を受けて加藤達也支局長に出頭を要請。出国禁止措置も取った。名誉棄損は日本では被害者側の告訴が必要だが、韓国では被害者が反対しなければ検察の判断で起訴できる。 韓国の現行憲法は、「すべての国民は言論・出版の自由と集会・結社の自由を有する」と明記しており、日本と同様に言論の自由を保障している。2005年には「言論仲裁法」が施行され、メディアによる名誉棄損に対し、中立の仲裁委員会が訂正報道や損害賠償などの調停を行う制度もある。 韓国では、プライバシーに踏み込んだり、扇情的と受け止められる記事に対し、政治家や公職者が名誉棄損訴訟を起こす事例もある。ただ、そのほとんどは民事で、海外の報道機関や記者が捜査対象となるのは「極めて異例」(元韓国検察幹部)だ。 産経新聞は 「記事は韓国国会でのやりとりや朝鮮日報コラムの紹介が中心であり、この記事を理由に名誉棄損で出頭を求められるというのは理解に苦しむ」 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140809/kor14080908350002-n1.htm とする小林毅・東京編集局長のコメントを2014年8月9日付で発表している。 ◇賛否 韓国内では朴政権や検察の対応に賛否が分かれている。韓国の大手紙・東亜日報は2014年8月11日、社説で「産経新聞が反韓感情を助長する報道をしてきたのは、昨日今日のことではない」と産経のコラムを批判した。 ただ、朴政権は産経のコラムが引用した朝鮮日報に対しては口頭での抗議にとどめている。「朴政権に批判的な産経新聞に対する圧力と受け止められても仕方がない」(刑事事件に詳しい弁護士)との指摘もある。 夕刊紙・文化日報は「正道を外れた報道と検察の無理な捜査」と題した2014年8月11日付の社説で、「事の発端は産経」としながらも、「市民団体の告発を契機に、新聞社や記者に対する検察の捜査が進められるのは、無理がある」と指摘した。 「公職者監視 萎縮を懸念」 淑明女子大・洪誠秀(ホンソンス)教授(法社会学) 「公務遂行に関連した『こんな話もある』という程度の話を提訴してはならない。訴訟が乱発されれば、公職者に対する監視や批判が萎縮しかねない」 立教大・服部孝章教授(メディア法) 「記事で大統領に実害があったと思えず、韓国側の対応は明らかに行き過ぎだ。ただ、ネットのコラムとはいえ、噂を元に実名を掲載するのは慎重にすべきだった」 *産経新聞ソウル支局長のコラム問題を巡る経緯 2014年7月18日 朝鮮日報がコラム「大統領をめぐるウワサ」を朝刊に掲載 2014年8月3日 産経新聞(電子版)がソウル支局長のコラムを掲載 2014年8月7日 韓国大統領府が民事・刑事上の責任追及を明言 2014年8月8日 ソウル中央地検が支局長に2014年8月12日の出頭を要請 大統領府がセ号事故当時「大統領は大統領府にいた」と発表 2014年8月9日 産経新聞が「理解に苦しむ」と反論。日韓外相会談でもコラム問題が話題に 2014年8月11日 産経新聞(電子版)が「出頭は2014年8月18日」と報道

|

« チンチロリン | トップページ | チョン・ユンフェ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/57297509

この記事へのトラックバック一覧です: チョン・ユンフェ:

« チンチロリン | トップページ | チョン・ユンフェ »