« 結核予防週間 | トップページ | 普段はおとなしい半面、酒を飲むと人が変わったようになり、トラブルが絶えなかった »

富津が大変だ!!

<自治体破綻>富津市が18年度に破綻の恐れ 千葉

毎日新聞 9月21日(日)13時47分配信    

 千葉県富津市は2013~19年度の中期収支見込みを公表し、15年度決算で実質収支が赤字となり、18年度には「破綻状態」と判断される財政再生団体 に転落する見通しであると明らかにした。15年度には市の貯金にあたる財政調整基金が底をつくなど厳しい状況にあり、市は破綻回避のため、公共サービス範 囲の見直しや職員の削減などに乗り出す方針。佐久間清治市長は「もはや従来の取り組みだけで状況を克服することは困難。行政の経営そのものを改革、実行し ていかなければならない」と話している。

 「現在の財政状況は破綻寸前状態と言える。これまでの先送り体質を猛省する」。先月29日に臨時記者会見を開いた市幹部は厳しい表情をみせた。

 市によると、今年度の決算見込みは歳入が160億1300万円、歳出が160億300万円で辛うじて黒字となる。だが、財政調整基金残高はわずか1億 5000万円。「場当たり的に取り崩してきた」(幹部)ため、15年度末には残高がゼロになり、決算も3億2400万円の赤字となる見通しだ。

 さらに19年度までには累積赤字額が約28億円に達し、18年度に実質赤字比率が2割を超え、北海道夕張市のように国の管理下で財政再建する財政再生団体に転落する恐れがあるという。

 市は1999年度に「財政非常事態宣言」を出し、行財政改革に取り組んできた。05年に宣言を解除したが、税収は落ち込む一方で、職員の人件費や福祉関 係の歳出が膨らみ続けている。今後、有識者による委員会を設置し、年度内に経営改革プランを策定。滞納額が8億円以上に上る市税の徴収強化▽人件費の削減 ▽民間委託の推進--などを軸に、破綻回避に取り組みたいとしている。

|

« 結核予防週間 | トップページ | 普段はおとなしい半面、酒を飲むと人が変わったようになり、トラブルが絶えなかった »

市原市」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13237/57474268

この記事へのトラックバック一覧です: 富津が大変だ!!:

« 結核予防週間 | トップページ | 普段はおとなしい半面、酒を飲むと人が変わったようになり、トラブルが絶えなかった »