« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

じゃねーけどyoutubeで見れる時代

男子中1生遺体 男子生徒は犯人にひざまずかされていた可能性

      
02/25 19:30
      

       神奈川・川崎市の中1男子殺害事件で、男子生徒が殺害される直前、友人とやり取りをしていたLINEの内容が明らかになった。
さらに、男子生徒のひじやひざに、あざがあることから、犯人に、ひざまずかされていた可能性があることが新たにわかった。
上村さんの友人は「(上村さんに)友達の家行くって言ったら、『どこ集合?』って、でもそこから、かみそん(上村さん)からLINEが返ってこなくなって」と話した。
川崎市の河川敷で、首を刺されるなどして殺害された上村遼太さん(13)。
20日午前2時とされる、死亡推定時刻の1時間ほど前、友人とLINEでやり取りをしていた。
友人が20日の夜に食事に誘うと、「何円位必要ですかね」と返信した上村さん。
これを最後に、上村さんからの返信は途絶えた。
このあと、上村さんの身に、いったい何が起きたのか。
上村さんのスマホは、いまだ見つかっておらず、警察は、犯行に関わった人物が、証拠を隠すために、現場から持ち去った可能性もあるとみている。
上村さんは、首を刺されるなどしただけでなく、ひじやひざに、比較的新しいあざがあったほか、左の頬に3カ所以上の切り傷があったことがわかった。
捜査関係者によると、ひじやひざにあざがあることから、上村さんは、犯人にひざまずかされて暴行を受けていた可能性があるとみられている。
ある捜査幹部は、「人間がやることではない」と、今回の事件の悲惨さに憤りを示している。
事件前、友人に対し、「グループを抜けたい」と伝えていたという上村さん。
SOSは、なぜ届かなかったのか。
上村さんが2015年1月から学校を欠席していたため、担任は自宅や母親の携帯電話などに34回電話し、家庭訪問も5回していた。
しかし、学校側が、上村さん本人と電話で話すことができたのは、2月16日。
事件4日前の1回だけだった。
川崎市教育委員会は、会見で「(担任が)『元気?』と聞いたら、『元気だよ』と答えて、『テストもあるから、そろそろ学校に来ない?』と聞いたら、『行こうかな』という会話をした」と話した。
毎日のように連絡していたにもかかわらず、上村さん本人と接触できなかった学校側。
文部科学省は2008年、スクールソーシャルワーカー制度を導入している。
学校だけでは解決しにくい、いじめや不登校などの問題を、児童相談所などの関係機関と連携して、より効果的な支援を行っている。
東京都から委託された団体が行う支援センター。
スクールソーシャルワーカーのもとには、いじめや不登校といった問題を抱えた子どもを持つ親や学校などから、週に6件ほどの相談があるという。
日本子どもソーシャルワーク協会・寺出 壽美子さんは「彼の場合には、グループからは抜けられないと思っていたからこそ、SOSは、誰にも発信できなかったんだろうなと。必ず今度は報復がある。逃げ出すこと自体が不可能だと、思っていたのではないかと思います」と話した。
悩みを、なかなか打ち明けられない子どもたち。
川崎市教育委員会によると、上村さんの学校からスクールソーシャルワーカーの要請はなかったという

| | トラックバック (0)

朝日新聞 中核派の活動家らを擁護

辺野古の抗議―強硬政府が生んだ混乱 2015年2月24日(火)付     印刷     メール     社説バックナンバー  理不尽な逮捕である。  米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する運動のリーダー、山城博治・沖縄平和運動センター議長ら2人がおととい、米軍キャンプ・シュワブゲート前で米軍に身柄を拘束された。  2人はその後、名護署に移送され、県警が日米地位協定の実施に伴う刑事特別法違反の疑いで逮捕、送検するという異常な展開をみせた。  県警の発表では、山城議長らは、正当な理由がないのにシュワブ敷地内に侵入した疑いがあるという。  複数の目撃者によると、山城議長は抗議する仲間らを制止しようとして「引け」と叫んでいた。その際、米軍の日本人警備員に引っ張られ、数人がかりで足などをつかまれて基地内へ連行された。侵入といってもゲート前に引かれた黄色い境界線をほんの1、2歩越えたかどうかだったという。  そばには県警機動隊員が何人もいたが、山城議長らの行動を見ても身柄を拘束しようとはしなかった。米軍側の強引な行為だったと言わざるを得ない。  18日には移設容認派の名護市議が基地に無造作に出入りしていたが、県警、米軍とも排除も拘束もしなかったという。  弁護団は「反対派リーダーを狙い撃ちした逮捕。運動の萎縮を狙っており、極めて不当な行為だ」と批判している。  辺野古では19日、沖縄防衛局が「米海兵隊から要請があった」として、反対運動の拠点となっているゲート前のテントの撤去を要請するなど、米側が圧力を強めていた。  だが、自由に抗議の意思を表すことは、民主主義社会では当然の権利だ。  解せないのは日本政府の対応である。今回の拘束にあたっても米軍側に行き過ぎがあったなら、むしろ日本の政府や当局は米側に抗議すべきではないか。  昨年の名護市長選、沖縄県知事選、衆院選と、選挙でいくら移設反対の民意を示しても、政府は沖縄に目をくれようとしない。安倍首相も菅官房長官も翁長知事に会おうとせず、沖縄側との対話を閉ざしている。一方で、海上保安庁や県警機動隊による厳重な警備態勢を敷き、衝突によって、けが人が相次ぐ事態となっている。  2人の拘束後に現地であった移設反対の集会には沖縄各地から主催者発表で2800人が集まり、抗議の声を上げた。今の事態を招いているのは、ほかでもない政府自身だということに早く気付くべきだ。

| | トラックバック (0)

(外国記者は)日本について全く無知で、いい加減なこと触れ回る

       
            

「(外国記者は)日本について全く無知で、いい加減なこと触れ回る」 朝日「吉田証言」2万人訴訟会見で、なぜか海外メディアとバトル

       
       
            2015/2/23 18:17        
   
                                   
印刷
          
                   
             

   いわゆる従軍慰安婦が多数強制連行されたとする「吉田証言」に基づく誤報を朝日新聞が30年以上取り消さなかった問題で、「朝日新聞を糺 (ただ)す国民会議」が2015年2月23日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。同会議は、日本や日本国民の国際的評価を低下させたとして、 朝日新聞に損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて提訴している。

   この日の会見では、訴訟の意義を「事実関係を司法の場で明らかにする」ことだと説明。さらに、対朝日新聞だけではなく、「日本について全く無 知で、いい加減なことを触れ回っている」「朝日新聞と同じようなイデオロギー色に満ちた報道しかしていない」といった外国記者に対する批判も相次ぎ、記者 からは「侮辱はすべきでない」などと反発する声が出た。

2月末~3月初旬にも2次提訴の見通し

  「朝日新聞を糺(ただ)す国民会議」代表呼びかけ人の加瀬英明氏(右)と事務局長の水島総氏(左)  
  「朝日新聞を糺(ただ)す国民会議」代表呼びかけ人の加瀬英明氏(右)と事務局長の水島総氏(左)  

   訴訟は、上智大学の渡部昇一名誉教授を原告団長とする約8700人が2015年1月26日、原告1人あたり1万円の慰謝料と謝罪広告の掲載を 求めて東京地裁に起こした。現時点で「国民会議」には原告に加わるために必要な「訴訟委任状」が2万3000通以上届いており、2月末~3月初旬にも2次 提訴に踏み切る。

   「国民会議」呼びかけ人の加瀬英明氏は、

「おそらく、ジャーナリズムに対する集団訴訟では、歴史で一番大きなものだと考えている」

などと意義を説明。水島総(さとる)事務局長は、「事実関係を裁判の場で明らかにさせる」ことで、「そうすれば結果として、国際的な評価が変わっていくだろうと考えている」と説明した。

「お金の問題ではなく、心の問題。日本人の名誉と誇りの問題」

とも述べ、損害賠償よりも、判決で朝日新聞の誤報に関する事実認定を得ることを重要視していることを明かした。

「東京にいる皆さんは、朝日新聞と同じようなイデオロギー色に満ちた報道しかしていない」

   会見では、登壇者と記者の対立が先鋭化する場面もあった。米国人記者が

「私の印象では、朝日新聞の報道は、国際社会はかなり肯定的に受け止めてきた気がするが、皆さんのメッセージはどちらかと言えば否定的に受け止められている。なぜ、皆さんのメッセージは否定的に受け止められていると思うか」

と質問したのに対して、登壇者の2人は外国メディアの伝え方に問題があるとして、会見に出席している記者を非難した。

「ここに来ておられる米国、欧州の記者の方も、日本について全く無知で不勉強。それが一番大きな原因。私たちの責任ではない」(加瀬氏)
「日本人は、虐殺や、むやみな殺生、人殺しを嫌う国民。この現実を無視して、日本人が大変危険な存在である、もっと言えば安倍総理が危険な存在であると、 歴史修正主義者、ライトウイング(右翼)という形で非難しているのが、残念ながら、はっきり言いますが、日本にいる皆さんだと思う。非常に私たちは残念だ し、怒りすら覚える。本当のことを伝えていただきたい。日本の真実を伝えるのが皆さんの責任であり義務だと思うが、残念ながら東京にいる皆さんは、朝日新 聞と同じようなイデオロギー色に満ちた報道しかしていない」(水島氏)

「奴隷制があった国から性奴隷とか何とか言われたくない」

   さらに加瀬氏は

「日本は歴史を通じてslaves(奴隷)、slavery(奴隷制)が全く存在しなかった文化。特に、米国のつい19世紀後半 まで奴隷制があった国からsex slaves(性奴隷)とか何とか言われたくない。それに日本には、宗教抗争、例えばカトリックとプロテスタントが際限なく殺し合うような宗教対立も宗教 抗争も存在しなかった。多くの外国のジャーナリストの方々が、日本について全く無知で、いい加減なことを触れ回っているから、日本の評判が悪くなっている 面が大変大きいと思っている。是非みなさん、日本について勉強していただきたい」

とも主張。これに対してイタリア人記者が、

「35年以上日本で外国特派員をしている者として、『あなた方に歴史を教える』という主張には憤慨している」
「侮辱はすべきではない」

などと声を荒げ、司会者が「(質問ではなく)スピーチはいらない」などと制止する一幕があった。

| | トラックバック (0)

餃子の王将 日本ラーメン

| | トラックバック (0)

花粉症がスタート

今布団でくしゃみm

| | トラックバック (0)

腹痛い

今布団で寝つつ

| | トラックバック (0)

地団駄踏んで悔しがる琉球新報

<社説>与那国住民投票 複雑な民意を踏まえよ2015年2月23日

 陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備の是非を問う与那国町の住民投票は、賛成票が過半数を占めた。島を二分した住民投票について政府は重く受け止める必要がある。
 防衛省は昨年4月、住民の意見が鋭く対立する中で駐屯地の造成工事に着手した。住民の分断を深めた政府の罪は重い。投票には「もう工事は始まっている」といった意識もかなり影響しただろう。
 中谷元・防衛相は投票を前に「予定通り進めたい」と述べた。住民投票に法的拘束力はないが、事前にけん制するような発言は極めて遺憾だった。
 今回は永住外国人も含む中学生以上の町民が投票した。島の未来を考え、それぞれが悩み抜いた判断に違いない。ただ結果をもって、計画が町民の全面的な信任を得たとまでは言えないだろう。
 与那国はもともと保守的な地盤だ。187票差がついたとはいえ、住民の複雑な思いを政府は深く理解すべきだ。
 与那国島は尖閣諸島から約150キロにある。配備について政府は南西諸島の防衛力強化の一環と位置付けるが、軍事的合理性に関する疑問は解けない。
 専門家からは「与那国の監視部隊レーダーからは尖閣周辺を飛行する航空機の探知は不可能」との指摘がある。仮に尖閣有事を想定したとして、身内からも 「空自と海自の領域だ。軍事常識から考えて尖閣問題で与那国に陸自が必要との論理は成り立たない」(海上自衛隊関係者)との声もある。
 冷戦後リストラを余儀なくされる陸自の生き残りのための配備であってはならないはずだが、こうした疑問に納得のいく説明はない。
 配備に賛成する人々には人口増をはじめ、ごみ処理場や伝統工芸館新設、漁業用施設整備といった振興策に対する期待が大きい。
 だが過去に自衛隊基地が置かれた全国の離島では、過疎に歯止めがかからない現実もある。工事などで数年間は潤っても、効果は限定的との声もある。何より本来、離島活性化は沖縄振興予算などで行われるべきで、自衛隊配備を条件に実施される筋合いのものではないはずだ。
 配備反対派はレーダーの電磁波による健康不安も強く訴えている。建設差し止め訴訟も検討しているなど、住民への説明が尽くされているとは言えない。防衛省は2015年度末までの配備予定にこだわらず、慎重に対応すべきだ。

| | トラックバック (0)

ジャーナリスト

http://blogos.com/article/105457/

| | トラックバック (0)

DABIQ 7

http://justpaste.it/Dabiq_7

Dabiq_7

朝日新聞と東京新聞が大騒ぎ・・そしてきょうのゲンダイは炎上だろうな

Jay213

もうちょっと修正

Jay213b

| | トラックバック (0)

スナップ

Ap1

きのうアップしたやつ・ペイントショップを使っている

Is1

Ap2

Is2

Ap3

Is3

続きを読む "スナップ"

| | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »