NGで消されるらしい??

 菅直人総理大臣の愛人、戸野本優子  Tonomoto Yuuko  この情報は拡散させることが目的だ。  全て、ここからコピーさせていただく。   笑えない過去の行状  『あれほど薄汚い男だとは思わなかった』     菅直人の不倫相手、戸野本優子女史の率直な言葉だ。     女にこんなこと言われたら、お話にならない。     こんな男が、日本の総理大臣になったのだ。     口だけは巧い。     国民は、薄っぺらな口先だけの口上を当分の間、耳にすることになる。     うんざりだ。 ■戸野本優子  Tonomoto Yuuko  1968年1月10日生まれ、身長 165cm ウエスト 58cm 体重 47kg •「瓦解」著・戸野本優子: 情報センター出版局 (1998/12) ASIN: 4795829020 •2002/05 週刊新潮 http://webshincho.com/shukanshincho/mokujitxt.html TBS社員と極秘結婚「菅直人の元愛人」戸野本優子さんの再出発 •民主党の菅直人代表(52)に愛人疑惑が浮上した。12日発売の「週刊文春」がスクープしたもので、お相手はなんと20歳年下の美人キャスター。これまでスキャンダルには無縁で「自民党政治、官僚支配からの脱却」を訴えて国民の支持を集めてきただけに、本人にも民主党にも深刻な痛手となりそうだ。 「脇が甘すぎる。菅代表はあれだけ注目されていたのだから慎重にも慎重を期すべきだった。あのホテルの部屋は菅代表の定宿で、担当記者ならみんな知っている。  そんなところで女性と会っていたのか…。『自自連立』の直前というタイミングを考えると、敵対勢力に完全に狙われたという印象だ。即、代表交代とはならないだろうが、まずは反応を見てみないと」 こう話すのは民主党関係者。「週刊文春」(11月19日号)によると、注目の女性はNHKのBS放送やテレビ朝日系「スーパーJチャンネル」などでキャスターを務めた戸野本優子さん(32)。今月6日深夜、東京・赤坂の東京全日空ホテルの一室で菅代表と合流。翌朝、シャワールームを使う音が聞こえた後、部屋から出てきた菅代表は、張り込んでいた同誌記者に驚いて思わず廊下の隅に隠れる動揺ぶり。  密会はこの日だけでなく、8月下旬には菅代表の愛車プリウスでレインボーブリッジから常磐道までドライブ。9月中旬には東京・お台場のホテル日航東京でもデートしていたという。 二人の出会いは月刊誌「Bart」の取材。その後も取材などで親交を深め、いつしか戸野本さんは「菅事務所の外部スタッフ」として、党の選挙用ポスターやキャッチ・コピーにまで口を出すようになった-と報じている。  ところで、菅代表といえば「和製ヒラリー」と称される伸子夫人がいる。  戸野本さんも未入籍ながら結婚式を挙げた男性がいるらしく、愛人疑惑が事実ならば「W不倫」ということになる。クリーンなイメージを武器に女性の支持を集めていた菅代表や、菅人気に支えられてきた民主党にとっては大打撃だ。  発売前日の11日午後から、永田町周辺ではこの記事のコピーが出回り、議員秘書や政治記者たちの格好の話題に。菅代表は同日、民主党本部で定例会見を開いたが、「自自連立」に関する話題ばかりで愛人疑惑の質問はナシ。ただ、会見後、記者団にコメントを求められると、菅代表は「はぁ~」といって避けていたという。  翌12日も、各党控室や議員会館などでは文春記事を抜粋した各スポーツ紙のコピーが広範囲に回覧されていた。 菅事務所では文春側に「仕事上の付き合い」とコメントしているが、夕刊フジの取材には「担当者が折り返し、お電話でお答えしたい」とするばかりで、連絡はない。 http://www.zakzak.co.jp/geino/n_November98/nws2976.html ◆ 「愛人報道」に見る菅直人の「釈明」と矛盾 ◆ ttp://homepage2.nifty.com/tatsumi1123/back/H10-nagata/nagata131.html  菅代表の釈明とA女史の行動には、明らかな嘘と矛盾がある。  まず、菅代表である。菅代表はA女史との間に「不適切な関係はない」と民主党担当記者や菅代表擁護の姿勢が明確な週刊朝日、筑紫哲也(TBSニュース23)で釈明しているが、潔白であるならば、二人の関係を「愛人」と報道した週刊文春の誌上で堂々と反論すべきである。  しかし、菅代表は週刊文春の取材から逃げ、その一方で週刊朝日、TBSの取材に応じ、都合のいい身勝手な「釈明」を繰り返した。さらに民主党担当の政治部記者を相手に、これまた都合のいい身勝手な「釈明」を繰り返している。  日本は健全な法治国家である。  菅代表が「釈明」しているようにA女史との関係は「仕事上のつき合い」で報道されている愛人というような「不適切な関係」でないのであるならば、虚偽の報道をした週刊文春を名誉棄損容疑で刑事・民事双方の告訴に踏み切るべきである。菅代表とA女史がなぜ法的手段を講じることがきないのか、疑問である。  法的手段を講じることのできない何か事情か理由があるのだろうか。  また「菅事務所の私的契約外部スタッフ」であるA女史が、なぜ公党である民主党の選挙ポスター作成に公然と口をはさむことを民主党執行部と菅代表は容認したのか、疑問である。一方、A女史は、代議士・菅直人の私的メディア・アドバイザーとして菅事務所と契約を結んでいる立場にありながら、雑誌に若者向けの「政治コラム」を連載していた。客観的な「政治コラム」を装いながら代議士・菅直人の宣伝・ピーアールに努めていたと批判されても弁解の余地がないだろう。 •投稿日:2006/10 /03(火) 17:07:03 ID:htadRzkK0 民主党議員は、みな女を放って逃げますね。『あれほど薄汚い男だとは思わなかった』菅直人の不倫相手、戸野本優子女史の言葉である。  不倫絶好調の頃、睦み合いながら菅直人は戸野本優子に熱く囁く。  『君のためなら、全てを投げ捨ててもいい』と。  ところが、写真週刊誌に二人の関係がキャッチされると菅直人は手のひらを返す。  エセを共有する筑紫哲也の番組では、一夜は共にしたが男女関係はないと世間の嘲笑を誘う弁明を繰り返す。  そして、戸野本優子に民主党への出入り禁止を、秘書を通じて一方的に伝達したのである。それ以降、かつての愛人に対し、一片の詫びの言葉もなければ思いやりの言葉もないという。菅直人は平然と嘘を付き、平然と人を裏切る。それゆえに、菅直人は多くの人々から軽蔑と憎悪を浴びせられるのである。  それは王道を行けず覇道のみを模索せざるを得ない小沢一郎と一脈通じるところかも知れない。お天道様に顔向けの出来ぬ政治家が菅直人と言って差し支えがないだろう。

|

美女の秘部を剃る

売国テレビ局、TBSの放送免許剥奪は全世界の願い・・・・みたいなキャッチは、よく日刊ヒュンダイがやっているが、いつだったか、すんごいのがあった。

夕刊の全面見出し

「ブッシュ再選」 世界中が落胆!!

これはネタではなくてホント。 まあ東スポなら御愛嬌だが、このタブロイド氏の変質者・・・もとい編集者の偏執がうかがえる。世界中が落胆って、落胆してるのはオマエだろうみたいな・・・

さて、昔、体育会のリーダースキャンプに参加した時、卓球の学生チャンピオンのN君と同部屋になったが、浴衣になって座った時に見た前足底のタコが凄い厚みだった。

聞いたら、たぶん画びょうを踏んでも大丈夫だろう?なんて言ってたが、タコはやっぱり剃刀で削るらしい。

東京駅の王様のアイデアがまだあるのか知らないが、ここで買ったカカトカッターは優れモノで、湯あがりとか、酒に酔った時にやると綺麗に削げる。

一度、剃ったことを忘れてジャズダンスのクラスに出た時、裸足でやるフリがあって、かかとのターンをした時に、やけどしたような感覚がしてギクっとしたモノ。

深剃りしないようにストッパーみたいなのもついているので、ダンス関係をやる方にはお勧め

たぶん カカトカッターでぐぐればヒットすると思う。 ちなみに替刃もついているが、ドイツのゾーリンゲン製・・・だったと思う。

ブログネタ: 冬の困り者。かかとのカチカチはどうしてケアしてますか?参加数

|